CHINTAIMAN ハッピーライフ・レジデンス

chintaiman

YUGO AIZAWA

◇代表取締役
・Happy Life Residence
・㈲昭和エンタープライズ
◆空室改善プランナー
◇都内事業用不動産売買部門で10年。その後、代官山で管理事業中心に賃貸・売買仲介や、不動産関連情報の配信等
◆昭和エンタープライズ・代表取締役に就任
◇同年・代官山に『Happy Life Residence』開業
◆大切にしている言葉
『許しても過去は変えられないが
     許すことで未来は変わる』
『生まれ変わるなら生きてるうちに』
『万象肯定万象感謝』

代官山の隠れ家店舗

特選!賃貸情報~代官山版~

相沢有悟のフィード購読はこちら



Google +

Facebookフィード購読


ゴミ対策 ・・・・


ほぉ〜

ゴミ問題、特にカラスは東京近郊は頭痛い問題だもんなぁ〜

 

↓ ↓

朝日新聞より

↓ ↓

半世紀、夜中にゴミ収集する街 市民満足度98%のわけ

■転勤族の「へぇ」

その土地では当たり前の慣習。でも、引っ越してきた者には驚愕(きょうがく)の連続……。不思議なもので、当初は違和感を覚えた光景も、いつしか感嘆や得心へと変わっていくのです。転勤族でもある新聞記者が、福岡に引っ越してきた最初の頃に感じた「へぇ」を紹介します。

「決められた日の日没から夜12時までに出して下さい」。福岡市のホームページには、ゴミ出しのルールについてこう記されている。ゴミ収集の時間は朝と決められた自治体が多い中、なぜ夜なのか――。

市環境局によると、20政令指定都市のうち、市全域で夜間にゴミを収集するのは福岡市だけ。夜間収集が始まったのは1960年代。人口が増え、交通渋滞が深刻化していた。それを避け、作業効率を上げようと、交通量の少ない夜にごみを収集するようになったという。

さらに効果はある。夜間はカラスが眠っている。だからゴミを荒らされることが少なくなった。暗い夜道を走るゴミ収集車は防犯にも役立っているそうだ。

作業時の騒音に苦情が寄せられることもあるが、2017年度の市民アンケートでは満足度98%と、高い評価を受けている。(布田一樹)

朝日新聞社

↑ ↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

◇東急線沿線の空家(室)対策

HLR16001

有限会社 昭和エンタープライズ

ハッピーライフ・レジデンス(昭和60年創業・空室対策の『昭和エンタープライズ』)は、東横線沿線空室対策リーシング業務を得意としております。

東京、神奈川エリアの空家・店舗・オフィスの不動産管理空室対策賃貸運営不動産家賃滞納保証サブリースについての不安や不満は、ハッピーライフ・レジデンスにご相談ください。

 

IMG_6661

 

Happy Life 01l のコピー Residence 管理手数料

HLR16010

HLR16021

・FAX:03−5428−8335
・E-mail:Happy Life – r 

・Facebook:隠れ家店舗の不動産情報−HL

  • 2019年07月30日 |
  • |

こちらも合わせてお読みください

2013年05月15日 喫茶店 ・・・・
2019年09月08日 下曽我 ・・・・
2015年05月27日 なんとなく ・・・・

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Twitterフィード

最近の投稿

カテゴリー