CHINTAIMAN ハッピーライフ・レジデンス

chintaiman

YUGO AIZAWA

◇代表取締役
・Happy Life Residence
・㈲昭和エンタープライズ
◆空室改善プランナー
◇都内事業用不動産売買部門で10年。その後、代官山で管理事業中心に賃貸・売買仲介や、不動産関連情報の配信等
◆昭和エンタープライズ・代表取締役に就任
◇同年・代官山に『Happy Life Residence』開業
◆大切にしている言葉
『許しても過去は変えられないが
     許すことで未来は変わる』
『生まれ変わるなら生きてるうちに』
『万象肯定万象感謝』

代官山の隠れ家店舗

特選!賃貸情報~代官山版~

相沢有悟のフィード購読はこちら



Google +

Facebookフィード購読


家主業 ・・・・


ほぉ〜

 


賃貸住宅オーナーの税逃れ防止 金取引利用し、消費税の控除悪用 20年度税制改正

11/26(火) 7:11配信

時事通信

 賃貸住宅のオーナーが建設・取得時に支払う消費税をめぐり、本来認められていない税の還付が控除ルールを悪用する形で不適切に行われているとして、政府・与党が制度改正を行う方向で最終調整に入ったことが25日、分かった。

本業とはまったく関係ない金などの投資商品の取引を繰り返して売上高を増やし、消費税の還付を受ける手口が広がっているため、オーナーに還付されないように改める。

10月の消費税増税で国民の負担が増える中、抜け道を放置できないと判断。12月にまとめる2020年度税制改正大綱に盛り込む方針だ。

事業者が消費税を納める場合、売り上げにかかった税額から仕入れ分を控除できる「仕入れ税額控除」という制度がある。しかし、売り上げに相当するマンションやアパートといった居住用の家賃収入が非課税であるため、仕入れに当たる賃貸住宅の建設・取得時の税額を控除できない。

そこで、金を中心に投資商品の取引を繰り返して、オーナーは売上高をかさ上げ。家賃収入を含む総売上高を増やすとともに、総売上高に占める課税対象売上高の割合を高めることで、還付を受けているという。

このようなスキームは違法ではないが、政府・与党は消費税の適正な納税を逃れるための抜け道となっていると指摘。こうしたケースを念頭に、居住用賃貸住宅の建設・取得時の仕入れ税額控除を認めない制度をより厳格に運用する。その結果、オーナーは消費税の還付を受けることができなくなるという。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇東急線沿線の空家(室)対策

HLR16001

有限会社 昭和エンタープライズ

ハッピーライフ・レジデンス(昭和60年創業・空室対策の『昭和エンタープライズ』)は、東横線沿線空室対策リーシング業務を得意としております。

東京、神奈川エリアの空家・店舗・オフィスの不動産管理空室対策賃貸運営不動産家賃滞納保証サブリースについての不安や不満は、ハッピーライフ・レジデンスにご相談ください。

 

IMG_6661

 

Happy Life 01l のコピー Residence 管理手数料

HLR16010

HLR16021

・FAX:03−5428−8335
・E-mail:Happy Life – r 

・Facebook:隠れ家店舗の不動産情報−HL


こちらも合わせてお読みください

2012年12月05日 バラガマ
2018年03月24日 たまには ・・・・
2013年02月13日 確定申告 ・・・・
2019年04月14日 音速 ・・・・

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitterフィード

最近の投稿

カテゴリー